カボス画像


カボスとは、大分県特産のかんきつ類です。

果汁をしぼって料理や飲み物に入れ、酸味や香りを楽しみます。

本サイトでは、そんなカボスにまつわる情報を、色んな視点から紹介していきます。


スポンサーリンク

カボスの見た目

カボス画像

色は濃い緑色で、断面は透き通った薄黄色をしています。

大きさはすだちとゆずの間くらい。

皮に張りとツヤがあり、持ったときにずっしりと重みを感じるのが良いカボスです。

香りと酸味を楽しむために、未熟な緑色の状態で収穫します。

熟したカボスはとてもきれいな黄色です。

どこが違う?カボス、すだち、へべす、シークヮーサーをまとめて比較!⇒

カボスの味

かんきつ類の中でもレモンやカボスのように酸味が強く、果汁をしぼって使うものを「香酸柑橘(こうさん かんきつ)」といいます。

ゆずやすだち、シークヮーサーも香酸柑橘の仲間です。

カボスはそんな香酸柑橘の中でも甘味が強く、よく「まろやかな酸味」と言われています。

さらに、カリウムやナトリウムといったミネラルに由来する、苦味・塩味もバランス良く含まれているため、酸味がとがっていません。

強い酸味が苦手な人にこそ是非チャレンジしてほしい果物です

柑橘類の味グラフ
出典:大分県カボス振興協議会

そんなカボスは「なんにでも合う料理の名脇役」として地元大分で深く愛されています。

焼き魚はもちろんのこと、お肉やうどん、刺身に味噌汁、さらには焼酎まで、料理本来の味を邪魔せず、うまく引き立ててくれます。

私のおすすめはビールにカボス果汁を数滴しぼった「カボスビール」。

香りがさわやかになってとても飲みやすくなります。特に成人したばかりでまだビールが苦手…という方におすすめです。

カボスの超簡単活用法⇒
カボスと料理

カボスの成分

カボスの栄養素

カボスには酸味の元となるクエン酸レモンの約2倍も含まれています。

クエン酸は食べたものをエネルギーに変えるために必要な栄養素です。

また、細胞の修復を進めてくれるので、疲れを取ったり筋肉痛を減らしたりする効果もあります。

 

ビタミンCもカボスに多く含まれている栄養素の一つです。

ビタミンCはコラーゲンを生成して細胞と細胞をしっかりくっつけたり、白血球を強くして体の免疫力を強くしたりするなど、いろいろな効果を持っています。

カボスの栄養素を見てみる⇒

さらに、香りの成分であるリモネンピネンには、リラックス効果の他、血行促進による冷え性の予防や、食欲を増進する効果が期待できます。

香りの成分は皮の部分に含まれているので、しぼるときは皮を下にしてしぼると、いい香りがより際立ちますよ。

カボスの香りで元気な体に!⇒

カボスの生産

農林水産省の調査によると、2015年のカボスの収穫量は5,588t

そのうち5,500t大分県産のもので、次いで愛媛県産41t福岡県産25tと続いています。

実に98%が大分県産です。

下のグラフはここ40年間のカボスの収穫量です。かなりジグザグしていますね。

それは、カボスには表年と裏年というものがあるからです。

カボスの収穫量グラフ
出典:特産果樹生産動態等調査:農林水産省

表年は実がたくさんなった年、裏年は実があまりならなかった年です。

実がなりすぎても価値が下がってしまうし、翌年の収穫量も減ってしまいます。

毎年同じくらいの実がなるようにするには、表年に花やつぼみを取り除いて、あえて実のなる枝を減らすといった工夫が必要になります

カボスの旬

カボスの栽培時期

カボスの旬は8月中旬~10月です。果汁の質・量とも最高で、最も風味の豊かな時期です。

ビニールハウスなどを使わずに外で育てる方法を露地栽培(ろじ さいばい)といい、露地栽培で育てたカボスの出荷時期が旬とされています。

10月~3月は、旬の時期に収穫したカボスを特殊な方法で貯蔵し、緑色と香りを保ったカボスを出荷します。

3月~8月は、ハウスで栽培されたカボスが出回ります。

「大分カボス旬入り宣言」とは⇒


スポンサーリンク

カボスの品種

かぼすの品種大分県で作られているカボスのうち、約85%が「大分1号」という品種です。

そのほかに、緑色が濃くてクエン酸が多い「豊のミドリ」や、種が少なく果汁の多い「香美の川」・「祖母の香」があります。

大分1号 (85%)

  • 重さ:80~100g
  • 広く出回る一般的な品種

豊のミドリ (12%)

  • 重さ:80~100g
  • 緑色がとても濃い
  • クエン酸が多い
  • 寒さに強く、貯蔵品として冬の出荷に向く

香美の川 (希少品種)

  • 重さ:75g
  • 種がきわめて少ない
  • 皮が薄く、果汁が多い
  • 「豊香のしずく」という特選品がある

祖母の香 (希少品種)

  • 重さ:70g
  • 種がきわめて少ない
  • 皮が薄く、果汁が多い
  • 果実に放射状のしわがある

 

これら大分県産のカボスは1998年に「大分かぼす」としてブランド統一がなされ、2017年には農林水産省により、地理的表示(GI)保護制度に登録されました。

地理的表示(GI)保護制度とは⇒

カボスの保管方法

カボスの保存方法

カボスはそのままにしておくと、皮から水分が蒸発し、しなびてしまいます。

青果のまま保存するときは、ポリ袋に入れて密封し、冷蔵庫に入れておきましょう。

2ヶ月くらいなら保たせることができます。

もっと長く保存したい時は、果汁を搾って冷凍させましょう。

製氷器で凍らせると小分けにして使えるので便利です。

これなら1年近く使う事ができますよ。

カボスは時間がたつとだんだん黄色になり、酸味と香りが弱くなってしまいます。

食べても問題ありませんが、カボスはやっぱり香りが命

上手に保存してなるべく長く楽しみましょう。

果実・果汁・皮それぞれの保管方法⇒

 

カボスの歴史

大分県臼杵市では、江戸時代に宗源という医師が京都から苗木を持ち帰り、植えたのが栽培のはじまりだと伝えられています。

現在も臼杵市内には樹齢200年以上の古木が存在していますが、他県にはこのような古木が見られないことから、大分県が原産だと信じられています。

カボスの栽培が大きく広まったのは1960年代後半からです

以前からカボスは大分の気候に合い、特産品として高値で売れていました。

そんな時に、国の減反政策によって

「米を作りすぎるな。他の作物作ったら補助金あげるよ。」

となったために、カボス栽培に移行する生産者が多くなり、栽培面積、生産量ともに増加しました

1980年頃になるとハウス栽培や選果、貯蔵などの設備が整い、県外にも広く出荷されるようになりました。

また、減反政策の時に植えた樹も成樹となり、生産量も大きく増えました。

近年では「つぶらなカボス」をはじめとした加工品も全国で人気が出ています。

「カボスの歴史」をもっと詳しく⇒

カボスの育て方

かんきつ類の中では開花から収穫までの期間が短いので、比較的育てやすい果樹です。

香酸柑橘類の中では寒さに強い方で、-6℃を下回るような寒さが続かない限り、そうそう枯れることはありません。

鉢植えで育てることが出来るので、室内の日当たりの良い場所に置いて育てると良いでしょう。

枝には刺がありますが、切ってしまっても問題ありません。

水は土が乾いたらたっぷりと与え、肥料は年3~4回に分けて与えます。

丈夫で育てやすいため、初心者にこそおすすめしたい果樹です

カボスの育て方総まとめ!初心者が家庭菜園で実らせるまでの準備と手順⇒

カボスの加工品

ジュースにお菓子に調味料、お酒にアロマにシャンプーまで。カボスを使った加工品は多岐にわたります。中でも特に人気なものを少しだけご紹介します。

つぶらなカボス

夏みかんの果肉が入っており、つぶつぶ食感が楽しいカボスジュースです。はちみつ入りで酸味が柔らかくなっており、ゴクゴク飲めます。

郵便局での通信販売がきっかけとなり、大ヒットとなりました。

(株)ジェイエイフーズおおいたで製造・販売されています。

大分特産カボスぽん酢

カボスのまろやかな酸味と香りが食欲をそそります。お鍋には絶対欠かせません。

私にとってぽん酢と言えば黄色ではなく緑色です。

フンドーキン醤油株式会社で製造・販売されています。

まとめ

いかがでしたか?カボスの魅力を少しでも共有出来ていると幸いです。

他のかんきつ類には無い、まろやかな酸味と香りは、一度試してみる価値ありです!

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク