カボスのお酒


カボスはお酒にも良く合う事をご存じですか?

酸味と甘味、そしてかすかな苦みを持つカボスはアルコールの風味と相性が良く、のどを焼くような強いお酒でもさっぱりと飲めるようになります。

今回はそんなカボスを使ったお酒を8種類ご紹介!

お宅で語らいながら色んなお酒を試してみてください。


スポンサーリンク

かぼすハイボール

カボスのストレート果汁が8%も入っており、手軽に飲める缶のお酒の中では最もカボスの風味を感じられます。

アルコールも8%と少し高めなのでのどごしも爽やか。

甘いお酒が苦手で、さっぱりしたものが飲みたい方におすすめです。

ハイボール自体がお酒のソーダ割りなのでもちろん炭酸も入っています。

老松酒造 かぼすのお酒

食前酒に最適な、フレッシュな味わいのお酒です。

ほんのりとした酸味とお酒の味がほど良く合っていて、甘酸っぱい香りがずっと香ります。

デザインもシンプルで可愛らしいですよね。

パーティーや女性へのプレゼントにぴったりな一品です。

八鹿酒造 かぼすリキュール

640mlの瓶に対してカボス15個分もの果汁が入っている、甘酸っぱいお酒です。

アルコール度数が25度と高めなので、水割り・お湯割り・ソーダ割りなど、色々な飲み方を楽しめます。

ちょっと熱めの熱燗に少し垂らして香り付けするのもおすすめ。

湯気に乗ったカボスの香りがふわっと広がりますよ。

中野酒造 村のかぼす酎

大分県杵築市の農園で採れたカボスと、地下200mの天然水を使用した、地元感あふれる焼酎タイプのリキュールです。

こちらもアルコール度数は20度と高め。甘さ控えめでお酒の味をしっかりと味わえます。

日本酒「智恵美人」が隠し味として入っているらしく、鱈のみそ焼きなどの和食にぴったりです。

浪乃音酒造 かぼす搾り

滋賀県の酒蔵で誕生した、「料理に合う」をコンセプトに作られたお酒です。

爽やか程度の香りは料理の邪魔をせず、カボス由来のかすかな苦みが料理の味を引き立ててくれます

おすすめの飲み方はよ~く冷やしてストレートで。

ご飯のお供にクイっとあおれば、食欲がグングン沸いてきますよ。

小野屋のかぼす

大分県竹田市産のカボスと地元酒蔵の麦焼酎を絶妙なバランスでブレンドした和のリキュールです。

原材料も麦焼酎とカボスと果糖のみという徹底ぶり。

カボスの風味が効いた軽やかな飲み口で、飽きずにゴクゴク飲める麦焼酎です。

冷たく冷やしてロックで飲めば、スーッと体に染み渡ります。

かぼすと梅酒のものがたり

大分県臼杵市産の紀州梅黄カボスを使用した、まろやかで口当たりの良い梅酒です。

黄カボスは緑色のカボスが熟した姿で、酸味と香りが柔らかくなります。

梅酒の甘さを活かしながらも、カボスのおかげで砂糖っぽい甘ったるさがありません

後味がさっぱりしていて食事の邪魔をしない梅酒です。

老松酒造 すっぱいカボス

カボスの酸味を前面に押し出した、その名の通りすっぱいリキュールです。

クエン酸たっぷりの強い酸味が胃袋を刺激して、食欲をグングン沸き立たせます。

アルコール度数は10度。ロックやソーダ割りも良いですが、麦焼酎日本酒にちょっとだけ加えると強いお酒でもすっきりと飲み干せますよ。

暑い夏の食事のお供にぴったりな一品です。

まとめ

いかがでしたか?カボスを使ったお酒は総じてさっぱりとしていて飲みやすいので、まだお酒を飲み慣れてないという若い方にこそ是非試して欲しいです。

いつもと違う甘酸っぱいお酒を飲みながら、家族や友達とゆっくり語らってみてはいかがですか。

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク