かぼす果汁のイラスト


ビタミンCクエン酸が豊富で、毎日こまめに採りたいカボス。

だけど毎日しぼるのは手間そもそもカボスが手に入らない

そんな人にはビン詰めされて手軽に使える100%カボス果汁がおすすめです。


スポンサーリンク

無添加100%カボス果汁を選ぼう

カボス果汁を選ぶときは、食塩や添加物が一切入っていない、無添加100%カボス果汁を選びましょう。味の濃さが全然違います。

天然のミネラル成分のおかげで味に深みがあるので、食塩や醤油の代わりに使うと減塩効果も期待できますよ。

カボス果汁の使い道

香りがよく酸っぱすぎないカボス果汁は、鍋物、天ぷら、唐揚げ、刺し身、焼き魚、酢の物、冷奴、焼き肉、お吸い物、お味噌汁などなど、合わないものは無いといえるくらいに料理に合います。

また、冷たい水や炭酸水にカボス果汁とはちみつを混ぜれば、甘酸っぱいカボスジュースに早変わり。

酸っぱいのが苦手な子供でも、手軽にクエン酸を採ることができます。

焼酎やビールに入れれば、アルコールと一緒に揮発した香りが口いっぱいに広がります。

まだお酒が苦手だという若い方にこそ試して欲しい飲み方です。

カボス果汁の保管方法

無添加なのでそれほど長くは保ちません。

ビン詰めされているので未開封なら半年以上は保ちますが、ふたを開けたら必ず冷蔵庫に保管して、なるべく早く使い切りましょう。

おすすめカボス果汁

かぼす本家 かぼす果汁200ml

皮をむかず丸ごと搾汁機にかけるため、カボスの香りを強く感じられる一品です。

よりコンパクトな95ml入りもあるので、お試しの際はそちらからどうぞ。

1ヶ月で使い切る量を目安に買うと、常に新鮮なカボスの香りを楽しめますよ。

あねさん工房 かぼすのしずく150ml

自社農園のカボスを使用し、あねさんたちが手搾りして作った100%果汁です。

冷蔵庫にもすっぽりと入るサイズなので場所を取りません。

珍しい角型ビンと透き通った黄色が美しいですね。

まとめ

手軽に使えるカボス果汁は、毎日少しずつ使うのに最適です。

200mlなど、コンパクトで使い切りやすいのもうれしいポイントですね。

ぜひ、色んな料理に試して見てください。

自分でも気づかなかった好みの味が見つかるかもしれません。

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク