カボス、すだち、へべす、シークヮーサーの写真


カボスに似ているかんきつ類として、よく話題に上がるのがすだちです。

そのほかにも、緑色で、すっぱくて、果汁をしぼって使う、香酸柑橘類と呼ばれるものには、たくさんの種類があります。

今回は、カボスすだちへべすシークヮーサーの4種類を、まとめて比べてみましょう!


スポンサーリンク

それぞれの産地と特徴

カボス、すだち、へべす、シークヮーサーの産地4種類とも緑色ですが、大きさはけっこう違います。

特に味と香りには、特徴が良く現れていて、それぞれ違った味わいを楽しめます。

カボス:結構大きい大分の名産!

カボスは大分県の特産品です。

約80gと4種の中では大きい方で、たくさんの果汁をしぼれます。

酸味がとがってなく、まろやかな味が特徴です。

すだち:小ぶりな徳島の名産!

すだちは徳島県の特産品です。

約25gと小ぶりで、爽やかですっきりした香りが特徴です。

へべす:果汁が多い宮崎の名産!

へべすは宮崎県の特産品です。

約60gで、カボスとすだちの間くらいの大きさです。

皮が薄くて種が少なく、たっぷりと果汁が詰まっています。

シークヮーサー:とても酸っぱい沖縄の名産!

シークヮーサーは沖縄県の特産品です。

約50gと小さめで、「酸を食わせるもの」という意味の名が付くほどの、強い酸味が特徴です。

うまく使うなら100%果汁がおすすめ!

かぼす果汁のイラスト

一絞りで味を引き締め、料理の質を高めてくれるカボスたち。

でも、果実は旬以外じゃなかなか手に入らないし、たくさんしぼるのも面倒くさいですよね。

そんな時には、瓶詰めの100%果汁を使うのがおすすめです。

量を計れるので味の調整がしやすいですし、簡単にジュースにして飲むことが出来ます。

栄養を無駄にせず楽しめるのもグッドです。

100mlなど、小さめのサイズで売られているので、無駄なく使い切ることが出来ますよ!

無添加100%カボス果汁の使い方とおすすめ商品⇒

まとめ

カボス、すだち、へべす、シークヮーサーを見分けるには、産地と大きさを覚えておけばOKです。

それぞれに特徴的な風味がありますが、残念ながら文字では伝えきれません。

手軽な100%果汁で試してみて、大好きだと思うものを探し出してくださいね。

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク