一番風呂は危険


一番風呂はお肌に良くない」という言葉を聞いたことはありませんか?

現代の水道水はとてもキレイですが、キレイすぎるがゆえに、肌に良くない影響を与えることがあるんです。

実は、その対策にもカボスは大いに役立ちます。

今回は、一番風呂が危険な理由と、その対策にカボスが効果的な理由をご紹介します。

一番風呂が肌に悪い理由は塩素が入っているから

一番風呂の成分はほぼ水道水のまんまです。

そして、その水道水が飲めるほどキレイな理由は、塩素が混ざっているからです。

水道水には、微量な細菌を殺したり、飲み水として飲めるようにするために、塩素を入れて消毒することが水道法という法律で義務付けられています。

この塩素、飲む分にはまったく問題ありませんが、肌に直接触れると悪さをするようになります。

塩素の影響

塩素は、その強い酸化力によって細菌のタンパク質を酸化させ、殺菌します。

しかし、肌のハリツヤを支えているのもタンパク質ですから、肌が塩素によって酸化されてしまうと、肌の保水力が失われて乾燥しやすくなり、カサツキ、かゆみなどが起こりやすくなってしまうのです。

特に肌の弱いお子さんや、お年寄りの方は要注意です。

一番風呂に入るときは、この塩素をいかに取り除くのかが、大切になってきます。

一番風呂にはカボスを入れて肌を守ろう

塩素の除去に効果的な方法が、ビタミンCを入れることです。

ビタミンCを入れることで、ビタミンCが肌の代わりに酸化されてくれます。

そして、塩素はビタミンCを酸化したことで塩化ナトリウム(=食塩)に変わり、酸化する力を失ってしまいます。

塩素除去の反応式

カボスには、このビタミンCが豊富に含まれています。

また、香り成分リモネンのリラックス効果や保温効果も期待できるので、カボスが手元に余っている方は試してみてください。

カボス風呂の詳しいやり方や効果についてはこちらにまとめています↓
カボスの皮でお風呂効果アップ!ピリピリしないための注意と作り方

 

ちなみに、ビタミンCそのものも粉末状になって売られています。

一回当たりの量はかなり少なくても大丈夫なので、出費を抑えたいときはこちらを使うとお得に肌を守ることができますよ。

別府の湯ノ花を使ったおすすめの入浴剤「みんなの肌潤風呂」

一番風呂に対するもう一つの対処法が、入浴剤を入れる事です。

混ぜ物をすることで塩素除去もできる他、熱すぎる湯をうめたり、肌への刺激を和らげる効果があります

入浴剤にも色々な種類がありますが、今回おすすめしたいのが「みんなの肌潤風呂」です。

「みんなの肌潤風呂」はその名の通り、肌の潤いを保つ効果に優れた入浴剤で、お風呂からあがった後もしっとり感が長続きします。

また、化学成分を使わず、自然素材だけで作られているのも特徴です。

中でも浄化作用に優れた別府明礬温泉の湯ノ花を配合することで、肌を清潔に保ち、さらに豊富なミネラル成分が肌に潤いを与えてくれます。

香りは柑橘系の優しい爽やかな香りで、とてもリラックスできますよ。

小さいお子さんなど、お肌が弱くて普段のお風呂では刺激がきつい、という方はぜひ試してみてください。

まとめ

お風呂はやはり、心と体をリラックスさせてくれるものであって欲しいですよね。

一番風呂対策の基本は混ぜ物をすること。

カボスや入浴剤を混ぜてから入り、健康的なお風呂ライフを楽しみましょう!

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク