カボスシャーベットハチミツかけトップ

高速回転するミキサーとは違い、ゆっくり回転するスクリューで押すつぶすように搾るのが特徴のクビンスホールスロージューサー

のどごしが良く、栄養価の高いジュースが作れる魅力的なジューサーですが、クビンスホールスロージューサーに出来るのはこれだけではありません。

一緒に付いてくる、フローズンデザートストレーナーという部品を使うと、凍った果物を使ってシャーベットを作ることも出来ますよ!

今回はこのフローズンデザートストレーナーを使ってカボス果汁100%のシャーベットを作ってみました。



取り付けは部品を1つ入れ替えるだけ

ジューサーをシャーベット製造器に変える方法はとっても簡単。

ジュース用のストレーナーを取り外し、代わりにフローズンデザートストレーナー取り付けるだけです。

クビンスFDS取り付け

右側の透明の部品がフローズンデザートストレーナーです。

通常のストレーナー(左)に比べてシンプルな形をしていますね。

 

入れ替えたら本体に差し込み、残りの部品をいつもと同じようにセットしていきます。

FDSセットの様子2

準備が出来たら後は凍った果物を入れるだけです。

カボス果汁でシャーベット作り

今回準備したのは先日大量に搾って凍らせておいたカボス果汁です。

凍らせたカボス果汁

こうして保存しておくと1年近く保つので、カボスの旬から外れた暑い夏の日でもすぐに使う事ができますよ。

 

投入するときは少し置いて気持ち柔らかくした後、1つずつ順番に入れていきます。

凍ったカボスを投入

 

するとすぐにジョリジョリとカボス氷が削られていき、あっという間にシャーベットとなって出てきました。

かぼすシャーベットの完成

フローズンデザートストレーナーがシンプルな形だったので、もっと粗いものが出てくるかと思ってましたが、想像以上に細かいです

 

そのままでは酸っぱいので、ハチミツをかけていただきます。

カボスシャーベットハチミツかけ

柱のような形で固いのかと思いきや、スプーンをさしてみるとさらっと砕けて口当たりもふわふわしています

水が入ってない果汁100%なので、ガリガリとした固い食感もありません

シャーベットとしては私の好みドンピシャでしたので、そのうちイチゴやブルーベリーでも作ってみたいですね。

 


\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク