カボス果汁の沈殿物


試しに買ってみたビン詰めの100%カボス果汁。

しかし、よく見ると底には沈殿物が!

まさか不良品?と思うかもしれませんが安心してください。

この白い沈殿物はカボスの成分が固まって出てきたもので、実は体に良いものなんです。

今回は、100%カボス果汁に現れる沈殿物の正体に迫ります。


スポンサーリンク

沈殿物の正体は体に良い有効成分

ラベルの注意文でよく見る「まれに白い沈殿物が見られますが、品質には問題ありません。良く振ってからお使いください」という言葉。

なんだか「品質には問題ないけど余計なもの」のような印象を受けますが、そんなことはありません。

そもそもカボスしか使っていない100%カボス果汁なのだから、悪いものなわけがないですよね。

この白い沈殿物の正体には、2つのパターンがあります。

1.砕けた果肉

カボス果汁をしぼってビン詰めするとき、フィルターに通して濾過をしますが、細かい果肉や白いすじがフィルターの隙間を通り抜けることがあります。

最初は果汁に混ざってよく見えませんが、しばらく置いておくとだんだん底に積もっていき、白い沈殿物として見えるようになります。

皮の内側にあるこの白いすじはアルベドといい、食物繊維やフラボノイドなど、果汁には少ない有効成分が豊富です。

2.ヘスペリジン

カボスの成分の中には水に溶けにくい成分もあります。

その中でも白い沈殿物として現れやすいのが、フラボノイドのひとつであるヘスペリジンです。

ヘスペリジンは白いすじの部分に多く含まれており、毛細血管の強化血流改善効果が認められています。

別名ビタミンPとも呼ばれ、ビタミンCと一緒に働いて血管を細菌やウイルスから守ってくれるので、取り逃したくない成分です。

沈殿物を見つけたら、良く振ってから使いましょう。

上部の浮きものは香りのもと

沈殿物とは逆に、上部にオイル状のものが浮いていることがあります。

これはカボスの皮に含まれる精油成分が集まったものです。

油ですから浮いてきてしまうんですね。

この精油にはリモネンという香り成分が詰まっていて、カボスの香りのもとになっています。

これも体にも良いものなので、良く振って果汁になじませましょう。

まとめ

添加物を加えず、本当にそのままの果実を使ったものほど、沈殿物は多くなります。

見た目は悪い沈殿物ですが、その正体はカボスから分離してしまった良いものばかりです。

せっかくの成分を逃さぬためにも、良く振ってから使いましょう。

 

カボス果汁の選び方、使い方、おすすめ商品⇒

\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク