アロマオイルのイラスト


カボスの香りは大好きだけど、味はどうしても苦手...というあなたには、アロマオイルがおすすめです。

香り成分をギュッと凝縮させたアロマオイルなら、香りの効能をより強く実感できます。

今回は、カボスのアロマオイルを使ったいろいろな楽しみ方と、正しく扱うための注意点を見ていきましょう!


スポンサーリンク

アロマオイルとは?

アロマオイルとは、植物の花や果皮などから抽出した、天然の香りがする液体です。

中でも人工的な香料などが混ざっていない、100%天然植物由来のものを、精油(エッセンシャルオイル)といいます。

1つ5ml~10mlと小さなビンで売られていますが、それは香り成分だけを抽出してギュッと凝縮されているから。

たった一滴の中にもカボス何個分もの香り成分が詰まっているので、適当に扱うのはすごくもったいないです。

上手に使ってその香りを楽しみましょう。

アロマオイルの選び方

アロマオイルにはたくさんの種類がありますが、ちょっとしたポイントを抑えるだけで、より品質が良く長持ちするものを選ぶことができます。

青色か茶色のガラスビンに入っている

アロマオイルは日光に弱く、すぐに酸化して悪くなってしまいます。

また、揮発性が高い(蒸発しやすい)ので、ふたを開けたまま放っておくと、どんどん中身が減ってしまいます。

なので、しっかり密封できて遮光性の高い、濃い青色か茶色のガラスビンに入っているものを選びましょう。

表記がしっかりしている

「学名」、「原産国」、「抽出部位」、「抽出方法」、「発売元(輸入元)」、「注意事項」などが明記されているものを選びましょう。

明記の義務はありませんが、それでも明記しているのはメーカーの誠意の表れであり、安心の証だといえます。

100%天然のエッセンシャルオイルを選ぶ

アロマオイルには人工的な成分が混ざったものもあります。

香り成分の効能を十分に感じたいなら、100%天然由来の精油(エッセンシャルオイル)を選びましょう。

「100% Pure & Natural」、「Pure Essential Oil」といった表記があれば間違いありません。

アロマオイルの楽しみ方

アロマオイルの楽しみ方

アロマオイルは、数滴のオイルを蒸気や熱で霧散させて使います。

出すときは無理に振ったりせず、少しずつ傾けながら自然に落ちるのを待ちましょう。

リラックスした姿勢でゆっくり深呼吸すれば、ストレスから解放されて気分も爽快です。

それでは、具体的な方法を見ていきましょう。

布を使って手軽に芳香浴

一番手軽に香りを楽しめる方法です。

ティッシュやコットン、キッチンペーパーなど、使い捨てできる布を用意し、アロマオイルを1滴落とします。

その布を鼻に近づけ、ゆっくりと深呼吸しましょう。

アロマオイルのビンも小さいので、外出先でも簡単に気分をリフレッシュできます。

シミになる場合があるので、お気に入りのハンカチに使う時は気をつけましょう。

アロマバスで全身ぽかぽか

お風呂自体の効果も重なって、疲労回復や冷え性予防の相乗効果が期待できる方法です。

お風呂に対して1~3滴、最大でも5滴までのアロマオイルを入れ、よくかき混ぜます。

油のようにお湯に溶けにくいため、キャリアオイルや専用のに混ぜてから入れるか、お湯をよくかき混ぜてから入りましょう。

血行促進効果のあるカボスの精油には特におすすめの方法です。

専用器具はインテリアとしてもおすすめ

蒸気や振動、熱などを利用してアロマオイルを霧散させ、お部屋にただよう爽やかな香りを楽しむ方法です。

アロマランプは暖かな光と共に香りが広がり、アロマディフューザーは吹き出す蒸気が見ていて楽しいなど、インテリアとしても優秀です。

また、マグカップやハンカチに落とすよりも、子供の誤飲などの心配も少なく、安全に楽しみたいお母さんにはおすすめですよ。

注意点

本当の意味で楽しむためには、危険で注意すべき部分も、しっかり理解していないといけません。

せっかくのアロマセラピーが台無しにならないためにも、必ず覚えておきましょう。

原液を飲まない、さわらない

天然由来100%の精油(エッセンシャルオイル)は、何十~何百個分の香り成分が凝縮されたものです。

原液のままでは刺激が強すぎるため、絶対に飲んではいけません。

触れた場合はすぐに洗い流しましょう。

3歳未満の子供に触れさせない

3歳未満の子供は敏感肌の持ち主なので、アロマバスなどの直接触れる使い方は避けましょう。

妊娠中・授乳中は使用を控える

種類によっては産道の開きなどに作用するものもあります。

神経質になるほどではありませんが、妊娠中は使用を控えた方が良いでしょう。

同様に、授乳中の赤ちゃんがいる場合も、赤ちゃんがおっぱいと一緒に吸ってしまわないように、使用を控えた方が良いでしょう。

パッチテストで肌との相性を見る

肌が敏感な人の場合、わずかな量でも刺激を感じることがあります。

キャリアオイル(植物油)に混ぜて1%以下まで薄めたアロマオイルを、腕の内側に1滴落とします。

そのまま1日待ち、赤くなっているなら使用をやめるか、専門医に相談しましょう。

保管は暗くて涼しい場所で

アロマオイルは酸化しやすいので冷暗所に保管して、早めにつかいきりましょう。

すぐ使えるからと脱衣所や浴室の中においておくと、すぐに劣化して肌刺激の基になるので、絶対にやめましょう。

高温多湿は大敵です。

まとめ

アロマオイルを使用した香りの楽しみ方と注意点を見てきました。

カボスの精油には、リラックス効果の他、血行促進、食欲増強、疲労回復といった、元気な体を作る効能があります。

上手に利用して、健康的な毎日を過ごしましょう。


\こちらもおすすめ/


スポンサーリンク